営業日カレンダー

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

  1. TOP
  2. メンテナンス
  3. スポーツ走行のススメ③~冷却・状況把握編~

スポーツ走行のススメ③~冷却・状況把握編~

安全装備や荷重移動等

 

走行しているとどんどん楽しくなってきます。

 

走っていて、もう少し走りたい!

 

そんな風に思ってくることでしょう。

 

次に意識してもらいたいのは冷却能力。

 

スバル車の一番ネックなポイントが

 

熱害

 

狭いエンジンルームに詰め込まれた

 

魅惑のエンジン

 

フレームとの隙間は数センチ。。。

 

ラジエーターとの隙間も10センチほど。。。。

 

BRZは。。。

VABやEJ20エンジンよりはスペースがありますね。

 

隙間も少なく、排熱の穴もない。

 

熱くなりますよね?

 

 

ブレーキ冷却もしかり。

 

モデルチェンジするたびに重くなる車体

 

ブレーキのサイズはGDB時代からほぼ同じ

 

ブレーキに対する負荷も当然増えていきます。

 

 

タイヤが太くなったGRB世代以降のパワステポンプのトラブルも

 

タイヤの大径化、ハイグリップかが進むたびに

 

早い段階でトラブります。

 

これも純正タイヤが215の車も245の車も

 

同じポンプ使っていることによる代償。

 

 

いろんな冷却を改善していかないと

 

高負荷域で走るスポーツ走行は容量オーバーになります。

 

 

メーカー純正状態といううのは

 

あくまで公道を法規内で走る上での適正

 

タイヤサイズも車高も、すべてが通常の使い方(例:おばちゃんの普段使用)

 

で、許容範囲内という設定です。

 

 

これを、スポーツ走行をする上での適正にグレードアップして行きましょう。

 

 

まず、冷却を考えたときどこから手を付けるべきなのか?

 

一般的に冷却といううとラジエーター交換が

 

真っ先に思い浮かびませんか?

 

それ、洗脳されてますよ??

 

交換推奨が間違いではないですが、

 

なぜ、お店がラジエーター交換を推奨するのか・・・

 

 

 

儲かるからですよ・・・w(⌒∇⌒)w

 

 

ラジエーターってイメージしやすく、

作業も慣れたら簡単なんです。スバル車の場合ね!

 

そして、そこまで車に詳しくなくても説明できる商品

 

といううのがあります。

 

 

話がそれましたね。

 

では、何からやるべきか・・・

 

 

 

まず車の状態を知ることから始めましょう。

 

え????

 

て感じですよねw

 

 

【冷却強化したほうがいいよ!!!】

 

私も言いますし、多くの方がそういいます。

 

でも、冷却のどこを優先するのか、それは状況次第です。

 

なのでまず、走行中、走行後の車両がどんな状態なのか

 

判断出来る状況を作るのが先です。

 

 

エンジンの水温・油温

 

ブレーキの温度状況

 

この3点が結構重要

 

 

エンジン水温はOBDから読み取れるのでレーダー探知機とかでも

 

見れるモデルはありますよね。

 

ですが油温はBRZ以外は見ることが出来ないので

 

外部センサーが必要です。

 

 

お勧めはDEFIメーター

 

製造元が日本精機・・・純正メーターを製造している会社で

 

耐久性、精度、動作ともに最高レベルです

 

SMYメーターバイザー ~VAB/GRGV/VM~

追加メーター取付のあれこれ、、、

ブログ画面の右上の検索フォームで(DEFI)とか(メーター)

 

と打つと色々出てきますよ!

 

BRZの場合はHKSのOBリンクやブリッツなどの

 

OBDからワンタッチで油温・水温は見ることができるので

 

お手軽なのがいい!という方はそちらがお勧め。

 

 

ブレーキですが

 

視覚的に状況を把握するのであれば

 

走行後にパッドを外して確認する ←重要!

 

またこんな商品もあります。

 

キャリパー温度シール

 

DIXCELさんのキャリパー温度シール

 

HPに説明がありますので詳しくはそちらで。

 

 

キャリパー、パッド、フルードには

 

適正温度があります。

 

走行後、その上限を超えているといううことは

 

冷却が追い付いていないといううことです。

 

 

パッドに関しては許容温度の高いパッドに換える

 

というう手もありますが、

 

その方向での作業は、キャリパーやフルードの限界が来てしまうので

 

注意が必要でしょう。

 

 

 

この確認出来る状況があって初めて優先順位が見えますよね?

 

突き詰めると全部の強化をしたくなるのですが

 

予算というものがあるはずです。

 

順序よく行えばより効率的です。

 

 

データから見て危険度の高いものから行いましょう。

 

ブレーキ編へ

 

エンジン冷却編へ

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ZEROMAXの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ZEROMAXの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

この人が書いた記事

  • 2022サーキットサポートのお知らせ ~2022年1月~

  • 筑波サーキットの動画です!

  • 今年もあと半月・・・

  • 筑波TC2000 ②タイムアタック本番!?~VAB~

関連記事

  • レガシィメンテナンス&チューニング~BH/BM~

  • WRX STI VAB VARIS GTウィング取付 

  • ZC6 BRZ ブレーキライン交換

  • インプレッサWRX STI GDB HKS HYPER MAX S取付け

  • VAB リアワイパー撤去&ドラレコ交換

  • シートベルト修理交換

ACCESS店舗アクセス

ZEROMAX 東海本店

TEL
058-380-2882
営業時間
11:00~19:00
定休日
月曜・火曜
所在地
〒504-0934 岐阜県各務原市大野町6丁目101-2
駐車場移転のお知らせ 駐車場移転のお知らせ